読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百四十の限界を超えて

関ジャニ∞ヲタクの自己満語り

5年前勇気をもらった関ジャニ∞の曲

関ジャニ∞

レコード会社の馬鹿対応 これ1これ2 ばかりに腹を立てていても仕方がないので、5年前の震災の時に個人的に力になった曲を、ご紹介。

 

クレヨンしんちゃんの映画版主題歌です。アニメ映像が可愛かったよね。TWLとYPSでSPYでスパイってかかってるのも凝ってて、ジャケットやPV含めて好きでした。
この曲が発売されたのは2011年4月20日。震災から1か月と少し経った頃でした。
歌詞の力強さに.混沌や切なさや不安が当時の感覚にマッチして、とても大切な曲になりました。しかしテレビでは少クラプレミアムでしかやらなかった!
なので十祭2位になったわけです。当時の人たちの執念はすごい。
(歌詞が好きっていいながら、黄色い通り沿いのパンジーが咲いたよって歌詞と勘違いしてた)

  • fuka-fuka Love the Earth 作詞:関ジャニ∞、TAKESHI 作曲:TAKESHI

TAKESHIさん様様。
当時真っ先にこの曲が言われてたかな、レコメンにリクエストが届いてたのかよく流してくれたり、歌詞サイトのアクセスランキング1位になったりしてました。
エコ用の曲だけど、当時の心情と優しい曲調で癒してくれたんですよね。
この曲で泣いてしまうぐらいには、希望なんか見えなかったのだよね…。この曲を聞くと泣いちゃうようになってしまいました。

  • LIFE~目の前の向こうへ~ 作詞:金丸佳史、作曲:金丸佳史

どんな時でも大体元気がもらえます。
当時のエイトの最新曲ですね。チャリティ動画で関ジャニ∞が生演奏してました。その動画でようやく横山さんのボンゴ音を確認できたころです。
ラジオでも流れてました。エイトはこの曲が求められていることを理解して歌っていた気がします。あのときの格好いいエイトに元気をもらいました。
確か「ワッハッハー」「ズッコケ男道」と合わせて年上の三人が被災地で生演奏してましたよね。たこ焼きと一緒に。

 

今もエイトの曲で癒されてる。力を貰ってます。
被災地の復興を願っています。