読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百四十の限界を超えて

関ジャニ∞ヲタクの自己満語り

関ジャニ∞がNEWSと共演 ザ少年倶楽部プレミアム

錦戸亮

書きたいことって重なるものですね。更新率の低いブログが一日2連投です。

はい。共演しました。
感想はですね、違和感のあるものでした。

時が経ったと確かに思いました。脱退して、そういえば長かったナぁと。
その間、錦戸亮はNEWSのことについて一度も具体的に話したことはありませんでした。沈黙でした。配慮だったとも言えます。

脱退して以降、番組に出ても時々NEWSであったことに触れられなくなりました。これはただ表記の問題であったりもして、彼がNEWSであったということを語らなくなったというわけでは無いのですが、そういう事務所の思惑が確実にありました。
NEWSのメンバーと立ち位置被らないようにダンス構成を組まれたこともありましたね。

ごめんね青春!のとき増田さんの出演する番組に錦戸さんが出演し、そこで共演完全NGは解消と言った感じでした。

長かったように思いますでしょうか。
私はそうは思いません。

錦戸亮は沈黙を貫きました。しかしNEWSは(山下智久)は、ずっとその話題をしていました。なにもかもNEWSの活動が終わった気が、そのせいでどうしてもしませんでした。

NEWSの言い分を何度か聞く機会がありました。それは脱退直後のことではありません。何年も何年も言い続けているようです。

何度か脱退した二人が悪いという意見が出ていたのを、私の耳はシャットアウトすることができませんでした。当時の錦戸亮のことを考えると、彼らのそういった意見は絶対に受け入れられるものではないのです。

からあげを手づかみで、エピソードに驚いた方もいらっしゃるかもしれませんが(そんなことすんのか!?じゃなくて、そういうコミュニケーションをとろうとしていたのか、という意味で)、そうなんです。他のメンバーが動かないなか、彼は結構いろいろと試してたんです。

同じようで異なる当時のザ少年倶楽部プレミアムで、錦戸さんはNEWSの一員として、グループの結束力をあげようとしていた時があったと語っています。それもうまくいかずに、向いていないものだと思いあきらめたと。
関ジャニ∞ファンの目にもそれを感じることはでき、関ジャニ∞では見れないような「しっかり者でメンバーの意見を受け止める、話を回している錦戸亮」を見ると、かなり驚きました。(関ジャニ∞メンバーに回し方のコツを相談していたのは、当時ちょこっと言っていた気がします)

他の同番組でNEWSの某メンバーが、錦戸亮に一度全員での食事に誘われた話をしていました。それについて断ったと。笑いながら言っていました。そこが、錦戸さんがあきらめたポイントだったのだろうと感じます。少なくとも諦める要素はそろっていました。

脱退前の錦戸亮は、多忙を重ねていたのと心労もあったのか、体重が見るからに落ちてましたしブログで暗い文章を書くこともありました。

今回、NEWSのメンバーが錦戸亮に面と向かって(からあげ手渡しについて)いろいろと批判をしていたのを見て、いろんな記憶がよみがえりました。

NEWSメイキング映像で、外に出て駐車場で一人で昼食をとる錦戸さんだったり、ドラマや活動で忙しいなか、全員参加の関ジャニ∞の体制とは違い、NEWSライブの中心構成に関わるのが彼だったりしてました。(何故、いま残っているメンバーが中心で動かなかったのか疑問が残っています。当時錦戸さんは収録終わり倒れたという噂がでまわったほどに忙しかったはずです。ダンス構成リハも他の現メンバーが1日以上かけてやってるのを、別日に1人で数時間で全て叩き込んでいた人でした。それが出来る人です。というのは掛け持ちで鍛えた技でもあるのですが、そこに誰かサポートしてくれるメンバーが居たようには見えませんでした。ギリギリだったと思います)

誰も彼を支えてくれる人が、あのグループには居なかったし、そこで彼は戦っていました。

錦戸さんはNEWSのメンバーに対しての不満をこぼすことはありません。聞いたことが無いです。最近今度飯に行こうとか(実現はともかく)、そういう交流を加藤さんと仲がいい丸山さん通してする気配も感じられますが、彼はそういう風にNEWSのメンバーに対して接してきています。

もちろんどっちが一方的に悪いとか、そういうつもりはありません。
NEWSのメンバーだっていろいろ言いたいことがあるのでしょうし、いろいろ言ってますよね。隠すことなくすべてをさらけ出す。良いのではないでしょうか。誰も当時の彼の忙しさの本質に触れることが無いのも、見てないから知らないんでしょうし。

ただしかし、錦戸さんが本当になにも言わないから!一方的に言われるがままなのです。

やっぱり共演は微妙な感じでした。そんなことをいっぱい思い出しました。
一ファンとして、乗り越えられていない問題なのかもしれません。

今、大きな笑顔で身体鍛えて笑っている錦戸亮さん。いつか当時のことを聞きたいとは思う反面、なにも言わないで良いよと思う自分もいます。

 

 

 

関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!レビュー 良い点と悪い点

関ジャニ∞ 映像感想

今回の映像作品は完全限定生産盤ということを念願に置いて語りたいと思います。
何故、完全限定生産盤になったのか?
そのことについて説明していただけてないので、察するしかないのですが…まぁこれ以上は思考するのを止めます。

さぁ楽しいレビューだ!

 

ちょうぶんだよ 

続きを読む

5年前勇気をもらった関ジャニ∞の曲

関ジャニ∞

レコード会社の馬鹿対応 これ1これ2 ばかりに腹を立てていても仕方がないので、5年前の震災の時に個人的に力になった曲を、ご紹介。

 

クレヨンしんちゃんの映画版主題歌です。アニメ映像が可愛かったよね。TWLとYPSでSPYでスパイってかかってるのも凝ってて、ジャケットやPV含めて好きでした。
この曲が発売されたのは2011年4月20日。震災から1か月と少し経った頃でした。
歌詞の力強さに.混沌や切なさや不安が当時の感覚にマッチして、とても大切な曲になりました。しかしテレビでは少クラプレミアムでしかやらなかった!
なので十祭2位になったわけです。当時の人たちの執念はすごい。
(歌詞が好きっていいながら、黄色い通り沿いのパンジーが咲いたよって歌詞と勘違いしてた)

  • fuka-fuka Love the Earth 作詞:関ジャニ∞、TAKESHI 作曲:TAKESHI

TAKESHIさん様様。
当時真っ先にこの曲が言われてたかな、レコメンにリクエストが届いてたのかよく流してくれたり、歌詞サイトのアクセスランキング1位になったりしてました。
エコ用の曲だけど、当時の心情と優しい曲調で癒してくれたんですよね。
この曲で泣いてしまうぐらいには、希望なんか見えなかったのだよね…。この曲を聞くと泣いちゃうようになってしまいました。

  • LIFE~目の前の向こうへ~ 作詞:金丸佳史、作曲:金丸佳史

どんな時でも大体元気がもらえます。
当時のエイトの最新曲ですね。チャリティ動画で関ジャニ∞が生演奏してました。その動画でようやく横山さんのボンゴ音を確認できたころです。
ラジオでも流れてました。エイトはこの曲が求められていることを理解して歌っていた気がします。あのときの格好いいエイトに元気をもらいました。
確か「ワッハッハー」「ズッコケ男道」と合わせて年上の三人が被災地で生演奏してましたよね。たこ焼きと一緒に。

 

今もエイトの曲で癒されてる。力を貰ってます。
被災地の復興を願っています。

あのねぇ、なんでも怒ってるわけじゃない(前記事参照)

関ジャニ∞ 大倉忠義

商売になるなら関ジャニ∞のライブがお涙ちょうだいになっても良いと思う(実際みんな泣いてるし)。所詮エンタメ業界なのだから。文化祭じゃないんだよ。商売になるならね(ヲタクの顔アップが商売になるのか?)


今回の発売について関ジャニ∞やレコード会社がなにも考えなかったか?と怒ってる人はちょっと冷静になってほしい。

  • いつも以上に遅い発表
  • 完全限定発売
  • 大倉忠義のコメント

これを考えて、内部で話し合いで(揉めた)ことは容易に想像できる。

だって私の知っている関ジャニ∞は何も考えないで丸投げできるようなグループじゃないから。我先にアイディアを出して、どうしていきたいという方向性を自分たちで作ってきたし、作ろうとしているから。現在進行形だ。
(奇跡の映像化っていう雰囲気なのも、内輪で議論があったからじゃないだろうか?それをファンに押し付けるなというのがもっともな意見だが。ファンの顔と同じく。)

今回の発売の1件だけですべてを分かった気にはなりたくない。だって私の中の関ジャニ∞が、なにも思ってないわけがないから。

彼らは悔しかったに決まってる。評判が良かったツアーが、あんな形でオーラスを迎えたくないだなんて、痛いほどわかってる。完全限定盤というのは、どう考えても関ジャニ∞メンバーを配慮しての措置にしか思えない。
関ジャニ∞はDVD出せばファン以外にもそこそこ売れるグループだし、完全受注生産にするとか予想されていた利益より下がる、赤字だろう。だって店頭に数が並ばないから、これからジワジワ売れることは無いんだもの。
しかしあえてした。
このパッケージを普通に発売するのには抵抗があったのだろう。
あの日、ダブルアンコールをしなかった彼らだから。

しかしDVDを出さないということは、もーっと赤字だ。予定される利益が無くなる。そんなの、大倉くん本人が一番つらいだろう。
(関パニ2をやってDVD発売すれば回収できるかもしれないが、簡単にはできない。あれ1本のゲーム収録数時間かかるし。)

改善点は色々ある。予備日をしっかり別日に設けるだとか。予備日をしっかり別日に設けるだとか。予備日をしっかり別日に設けるとかだ。

それはもう起こってしまったことなので、しょうがない。DVD撮りの映像がそれしかないんだ。しょうがない。過去にトラブルがあってDVDではカットになった演出があるのに学んでいないのかという問題もあるが、しょうがない。学んでいなかったのだ。
それがよく分かっている大倉くん本人は自分を責めていたようだった……その雰囲気を忘れられない。簡単に忘れるか!という思いがある。
もう大倉くんはしっかりコメントをしたし、なにも責めることはない。つらい病気だったんだ、責めたくない。

 

まぁそれと広告表現の下手さと1.17の表記は別ですけどね。馬鹿かそれは早く直せインフィニティレコーズ。このままだと「スタッフに拍手」なんてできたもんじゃない。
メンバーが本当に欠けて大変だった公演は別にあるんだから、あのね、ほんとね。関ジャニ∞と一緒に関ジャニ∞の歴史見直してきなさい。
(メンバーは至急うろ覚えの年表を確認するように。)

 

話がまったくまとまっていないように、簡単に感情を言葉にはまとめられない。
数か月で複雑な心境と、起こった出来事をまとめにかかるなんて、無理。

14年かけて築いてきた関ジャニ∞がこんなもんで崩れるわけないだろ!という思いもある。
実際崩れてないし。
最近ファンになった、という人がこのブログに訪れることも多いようなのですが……。
私たちの関ジャニ∞を過小評価してもらったら、困るっすよ!

 

最後にみんなで、せーの!

関風コンをDVD化すればいいじゃない!!

 (DVD化できないよりはマシという結論)