読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百四十の限界を超えて

関ジャニ∞ヲタクの自己満語り

『Black of night』が秘める関ジャニ∞の可能性

関ジャニ∞

NOROSHIのカップリング曲『Black of night』が1/22の関ジャムで披露されることになりました。
今年に入り関ジャニ∞の曲を披露していく方針になったのでしょうか。
にしても、この曲か!この曲をテレビでやらせてもらえるのか!


関ジャニ∞の『ブリュレ』はジャニヲタ界隈ではわりと有名だと思います。(屋良パイセン振付の)
しかしブリュレは地上波でやるような扱いではなく、アルバム曲です。アルバム曲では結構ライブなどで踊ってますね。
遡れば『マーメイド』とか『Cool magic city』とか少クラでやる機会もあった気がしますが、関ジャニ∞』=『踊らない』というイメージはバンドスタイルが浸透しだして以降広まってしまったように思います。

そんなイメージを打破するためか、あえて陣営が前面に押し出してこない「かっこよくダンスする関ジャニ∞」を「今の関ジャニ∞に必要だ」と考え完全プロデュースしたのがメンバーの安田章大さんです。

この曲は作詞作曲、そしてMVプロデュースから振付プロデュースまでを彼が手がけています。

NOROSHIを買っていただければMVは見ることが出来ます。超、かっこいい。

しかし動画を貼ることが出来ないので(事務所のケチ)歌詞を解体したいとおもいます。

歌詞

Black of night - 関ジャニ∞ - 歌詞 : 歌ネット

一見「かっこいいダンス曲の歌詞」「推理ものドラマのタイアップ歌詞なのかな?」に見えるかもしれませんが、歌詞をじっくり見ていくと確かに『関ジャニ∞のための曲』になっているのです。
例えば

一体ここはどこなんだろう?
どこまで来たんだろう?

これは関ジャニ∞の創世記(いつまで?)によく出ていたワードだと思えます。
みんな大好き「BJ」の歌詞

http://j-lyric.net/artist/a04ab16/l00ca38.html には

風に吹かれて僕ら
どこへ向かっているのかな

という歌詞が出てきます。
このイメージはもしかしたら、人とは違うことをすることに拘ってきた関ジャニ∞の気持ちかもしれないし、ファンの気持ちなのではないかと思うのです。

いつからか元の世界見失った 僕たちは
永遠に出られない 暗闇のラビリンス

関ジャニ∞のイメージを知らない人にとって「?」に見えるかもしれないけど、彼らは確かにあがいてあがいてここまでやってきて、手に入れてきたものと、逆に置いてきたものがあるグループに思えます。
これももしかしたらジャニーズアイドルイメージを置いてきた彼らが迷い込んだ迷宮という意味なのかもしれない。
ちょっとダークな印象になりすぎますが、そこに「永遠に出られないラビリンス」と言うことで「∞(メビウスの輪)」の意味になる言葉を持ってきてるセンスがとても良いです。

 

これを書いている内にこの曲が非公式ジャニーズ楽曲大賞で6位に入りました。
NOROSHIは1位です。おめでとうございます。

 

閑話休題

以上のことからこの歌詞が関ジャニ∞のことを指し示したものだという推論に至ったのですが、だとするとこの歌詞に込められた想いはなんなのでしょう。
先に「今の関ジャニ∞に必要だと思った」安田章大さんの曲だと書きましたが、それが全てなのではないでしょうか。
今まで関ジャニ∞を語る曲は、結構バラード系のバンド曲に収録されていたように思います。
しかしあえて「関ジャニ∞のかっこいい曲」として「関ジャニ∞を語る曲」にプロデュースしたのでは?

ただひとり 立ち止まると
かなたへ 消えてしまう

メンバー全員が個人で必死で走るようになり、ぼんやりしていると置いてかれるようなイメージを語るメンバーを時折見かけます。彼らは同じグループのメンバーであり、そしてライバルなのです。
『Black of night』という言葉に隠れる関ジャニ∞の本心とは?
以前根暗な関ジャニ∞という記事を書いたのですが(苦笑)

zakki8s.hatenablog.com


彼らは明るさの裏側に色んなものを抱えている。
ある種そういう部分に繋がっていくのかな?とも思うのです。

行き着く先は何もないのか

彼らが目指すところ、目指す先にはなにがあるんだろうか?
去年まで関ジャニ∞がぶつかっていた壁だったように思えます。なにかツアーで見えたのかもしれません(2016年ツアー楽しかったなー!)が、これからも進み続ける限り、彼らが目の当たりにする壁なのかもしれない。
結局この「歌詞」にはその答えはないのです。でも、曲を聞いてパフォーマンスを見てください。
この曲は関ジャニ∞のその壁のドアを開く鍵になりえるのかもしれない。
そういう期待を安田章大大先生が、この曲に込めたのではないでしょうか。


とにもかくにも、聞いて見てください。関ジャムが楽しみだなぁ。

 

途中書いた楽曲大賞で結構ランク上位に「ふわふわポムポム」が入っていたのですが
私にはあの歌詞を解析する能力は持ち合わせていません。
ぜひNOROSHIを買って、ふわふわポムポムと合わせて聞いてみてください。

前回の記事について

雑記 関ジャニ∞

私はインフィニティ・レコーズに希望を感じているし

テイチク・インペリアルレコードに感謝を感じている。

 

その上で書いたものであり、すべてを批判しているわけではない。
過去が良かったと思ってる人の多くは過去を知らないし、
それが悪いこととは言わないけど、だから過去が良かったなんて思ってはいけない。

実際、あ○ちくと呼ばれた前レコード会社(メンバーに)

いろんなムカつくこともあったし、それでも成長していくエイトを応援したくて、いろいろ意見言ったり文句言ったりしてた。すべてはエイトを応援したいがためである。

インフィニティも、今度のNOROSHIの詳細を見たらいろいろ可能性が広がったと、やっと思える。すぐには体制は出来ないだろうと思っていたけれど、ここにきてやっと。(移籍して地方でも何度もCMが流れるようになったんだよね。それも嬉しい)

 

ただなにかと文句つけて愛もなく応援する態度もなく、悪口言ってCDも買わないテレビも見ない人と、同じではない。

それだけは宣言しておきます。

 

まだまだこんなもんじゃないでしょ、関ジャニ∞は。

関ジャニ∞

昨今、関ジャムが良い感じになった。見てる人なら分かると思う。
それは関ジャニ∞の努力の証でもある。これも見てる人なら分かると思う。
関ジャニ∞クロニクルも順調そのもの(時々ん?と思う新企画はあれど)ヲタ得である上に、かなりのおもしろ番組になっている。

さて、関ジャニ∞は次にどこに向かうんだろう?

関ジャニ∞を褒めてくれる業界人が増えた。
今まで関ジャニ∞を1mmも認めてもらえない層にも響き始めた。

ただリサイタルは、お世辞にも評判が良いと思えない。(悪いとも言っていない)
なのに去年と同じ構成でやった。
しかも続けると言っている。続けることに意味がある?継続は力なり?安定を求める?
新規を集めたい?でもチケットとってるのはいつものエイトファンだったりする。
新規を集めるわりには、内容はエイトヲタ向けであるし。(Jメドレーもマニアックすぎて、ついていけない人も多い。Jファンとエイトファンは結構重なっていない。)

今、油の乗った彼らは、ここで終わっていいはずはない。
進み続けないといけない。

自主レーベルになって、自主的になにかをしているという雰囲気が見えない。
シングルのシークレットトラックは、楽しいけどJストっぽくもある。
大倉欠席ライブ映像は、完全にスタッフ主導で薦められたことが、本人たちの話で漏れ出ている。あの客席映像だらけの映像を彼らが推奨したわけではないことに、ファンとして安心したような、焦ったような気もする。
話を聞いていると、すばるソロの映像はなにからなにまで本人監修されているように思う。評判も良い。ヲタ得を貫いている。だから個人でなら、自主的にということが可能だということだろうか。
関ジャニ∞となったとき、誰かが口出しをするんだろうか。テ○ー伊○とか呼んで謎企画とかしちゃうんだろうか。
分からないけど、以前あった「自分たちがするんだ!」というのはインフィニティレコーズには見えないのだ。残念なことに。テイチクに居てもソロ・ユニットは収録できてたし、むしろ他ジャニーズと比べて独創的なことが出来ていたと思う。(かといって、テイチク時代もここにしかない景色など、謎企画のオンパレードだったから一概には言えないが)

やりたいことをすればいいけど、ファンが望む=近くにいることと勘違いするのはやめてほしい。
物理的に近くなくていい。もっともっと遠くに羽ばたく彼らを応援したい。

グッズにおける唇推しも、そろそろ駄目だと思う。同じデザインの使いまわしでは、同じ時代をずっと続けているような気持にさせる。そもそも唇の説明をいつになったらするんだろうか。

関ジャニ∞は何年も段階を踏んで大きくなってきたグループだ。凄いことだ。
年々CDは売れてたし、年々大きな会場になって、その上大きな会場の日数も増やしてきた。
正直、最近そういう一歩一歩、数字で目に見える階段を上る行為ができていないように見えるかもしれないし、本人たちもそう思えてないのかもしれない。
登るにつれて段差が激しくなって、目の前に壁があるのかもしれない。

だから、守っていてはこれ以上進めないことに気付いてほしい。
新しいことをしてほしい。

目標のないグループのすすむ道を、目標を持って応援することはファンには不可能だ。今のままやんわり応援することも可能だけど、もっともっと熱を持って応援したいと思っているファンが「関ジャム」や「クロニクル」というヲタ得番組でどんどん増えている状況に気付いたほうが良い。
もちろん個人でもファンを増やしたはずだ。
関ジャニ∞は松竹から続いていた180度構成が一番映えるライブが特徴だったが、360度ドーム構成も上手くなってきて、ライブ満足度は上がっている。

どうもその辺、本人たちがまったく気付いて無いようだが、実は関ジャニ∞は着実に進んでいる。気付いてないのが問題。無自覚なのが問題なのだ。

守ってる場合ではないぞ、関ジャニ∞

今が勝負時じゃないか。無茶したってなにしたって、もう一気に落っこちることなんてそうそう無いぞ。不倫しない限り。

面白イメージは関ジャニ∞が大事に育ててきたものだと思う。
しかしその裏で守ってきたアイドル精神も、しっかり育っている。だからファンは支持し続けている。

いったんファンになったら、そうそうファンをやめたくならないのが関ジャニ∞の良いところだ。
何故なんだろう?
それはいつだって、関ジャニ∞が違う景色を見せてくれたから。飽きさせてこなかったからだと分析している。

彼らは自己プロデュースのできるグループだ。自分たちで企画し、自分たちでいろんなことに挑戦してきた。バンドも、笑いも、ジャニーさんに「こうしろ」と言われて手に入れたものでは無いはずだ。(関西人なんだから面白く行けと言われたかもしれないけど、ここまでのものじゃなかったはずだ)

目の前のことを一生懸命やるのもわかる。今凄く忙しくて、それだけで大変なのもわかる。
でももっと先、なにがしたいのかをしっかり定めないといけない時期になったのではないだろうか。

ファンとして、新しい景色を見たいと思う。
アルバム無し公演は、新たなことかもしれない。まだ始まっても無いので、評価はくだせないが。

 

これは提案。
新しい代表曲を作らないかい、関ジャニ∞さん。
簡単なことじゃ無いよ。だからこそ挑戦するんだ。どんな曲が売れるかは分からないけど、コント曲はもう認知されてるから挑戦ではないよね。無責任・金男以上にはこのご時世売れないとも思うし。
あともっと大きいとこでしないか?もっと長い日数ドーム公演してみないか?
自分たちの作った曲でシングルをだしてみないか?
ゴリゴリのバンド曲をだしたくないか?
ゴリゴリのダンス曲をだしたくないか?
自分たちの今までを特集してくれるような特番をしたくはないか?
まだまだあるよ、やること。

関ジャニ∞はいつだってチャレンジ精神で前に進んできたはず。

リサイタルは絶対埋まるよ?チャレンジだとしても精神は見えない。
目に見えるチャレンジをしてください(マラソンとかじゃなくて)

 

まぁだらだら、偉そうに書けることだ(書いた感想)
でもこんなことを、最近ずっと思っている。

ドキドキしたい。わくわくしたい。

関ジャニ∞は、どうなりたい?

 

 

2016年CD版Do you agree?を何度聞いても問題

関ジャニ∞

関ジャニ∞の罪と夏に収録された曲。

もともとデビュー前の8人時代の曲なのはみなさんご存じのとおり。
その色眼鏡…色補聴器?なのか、もうずっと大倉くんが歌っている「Do you agree?」(みんなで大倉指差してー!)な大サビ前のソロパートが、どうも内博貴くんの声に聞こえてしまう。

これには理由がある。
もともと内パートというのもそうなんだけど、CDでは大倉くんの声にエフェクトがガンガンかかっているせいで、そう聞こえているんだ。なので大倉くんの声なのは間違いなく、よく聞くと大倉くんなのだけど…もはやそうやって注意しないと聞き分けができないレベルで大倉声の存在感が抹消というかなんというか。

曲自体はアレンジしても原曲に近くて、ライブ版を聞きなれていると分かりにくいけれど、初期にテレビで披露してた楽器持たないメンバーが踊るこの曲のイメージ自体は、そこまで変わってないという印象。(2015ヘブンリと比べて。あれもあれで好き)

まとめると、エフェクトを強烈にかけることによって、内さん特有のハスキー感が出てるから大倉さんに聞こえないというより「内くんに近づけた!?」と思ってしまう問題。

なんにせよこの曲は好きですけど、聞けば聞くほど、その辺は私の勘違いなんだろうか?と自分を疑ってしまう。

 

この記事にDo you agree?ですね。

まぁ一回8人版を見てみてくださいな。どっかで。